必要な時に、必要な場所で

  • CTのある医療機関まで「遠い」あるいは「行く時間がない」などの課題を解決。
    先進のCTを搭載した「CT搭載車」だからこそ、時間と場所を問わずCT検査を行うことが可能です。

コストを低減

  • 高額なCT機器の購入や、耐荷量・遮蔽等の特殊な工事を要する検査室、及び操作室の設置など、多大なイニシャルコスト(初期費用)が必要ありません。
  • トラブル時に対応するための保守契約費用や、急速に進歩するCT機器を活用するための習熟した放射線技師の人件費など、様々なランニングコストも不必要です。

各種手続きから画像診断まで

  • 検査の実施に必要な各種手続きは、私どもでサポートいたします。
  • 実施した検査の画像診断も承ります。
    (クラウドサービス「ルックレック」で、リアルタイムの読影も可能です。)

16列マルチスライスCT搭載

  • 最新型16列マルチスライスCTを、検査室・操作室ごと搭載しています。

車両

全長

9,900mm

全幅

2,495mm

全高

3,685mm

排気量

12,913cc

重量

19.3t

【電源】発電機搭載。施設内電源でも対応可能。(使用電源は3相200V、50kVA以上)

CT(日立メディコ社製)

スライス数 16スライス/スキャン
スキャン時間 0.8、1、1.5、2、3秒
再構成スライス厚 0.625、1.25、2.5、3.75、5、7.5、10mm
X線管 3.5MHU
X線管電圧 100kV、120kV、130kV
X線管電流 10〜275mA
X線出力 33kW
電流容量 50kVA
画像演算方式 リアルタイム形式(撮影と平行して本画像演算)
画像再構成速度 5枚/秒(標準) 20枚/秒(LiveRecon20オプション搭載時)
画像データ保存容量
内蔵HDD
約200,000枚
外部記憶装置
約16,000枚(9.4GB DVD-RAM)
外部記憶装置 約8,000枚(4.7GB DVD-R)
外部記憶装置 約1,100枚(650MB CD-R)

油圧昇降機を装備したバリアフリー設計ですので、 車椅子やストレッチャーの患者様も安心して検査 を受けることができます。